高田


高田の街のお助け業者、高田の皆様のお助けマンとして、「便利屋助さん」では、不用品回収、遺品整理、便利屋、ハウスクリーニングを展開しております。

 

時間に余裕がなく、家を掃除する時間がない

急な事故や病気で不用品の片づけができない

引っ越しに伴い、粗大ゴミや危険ゴミの回収をしてほしい

格安で不用品回収をしてほしい

日々ペットの世話をしてほしい

庭の雑草の処理をしてほしい

プロのハウスクリーニングでお家を綺麗にしてほしい

生前・老前整理として資格を持った遺品整理士に立ち会ってほしい

故人宅が遠方のため遺品整理士に遺品を整理してほしい

 

など、細かな点でも喜んで作業にお伺い致します。

「こんなことでも依頼して大丈夫?」という事でもお気軽にお問い合わせください。

詳しくは右のリンクをクリックしてください

高田のお客様の声


遠くの祖母の家まで車に乗せてもらって本当に助かりました。遺品整理をするにも祖母の借家をどうしようとか部屋全体を綺麗にするにはどうしようとか、いろいろ悩んでいたので、遺品整理士さんに依頼して正解でした。遺品についての相談を親身にしてくれたことや、家全体を綺麗にしてくれたこと、ありがとうございました。<遺品整理 Fさん>


すぐに来てくれ!というワガママでしたが、本当にすぐに来てくれて作業も早くて感謝しています。こちらの要望をしっかりと聞いてくださり、大変誠実さが伝わりました。こんなにもきっちりやってくれるんですね。また何かあったらお願いします。

<不用品回収 Nさん>


当社はビルの6階ということもあり、また不用品の量がけっこうありましたが、スムーズな作業ありがとうございました。実は他社にもお見積りを依頼していましたが、他社よりも格安で良心的でした。またゴミや不用品がある時にはお問い合わせ致します。今後ともよろしくお願いします。<不用品回収 株式会社Fさん>

高田ニュース


しなの鉄道の「ろくもん」が高田に 観桜会にあわせ企画、新潟県初乗り入れ - 新潟日報 (日, 08 4月 2018)

新潟日報 しなの鉄道の「ろくもん」が高田に 観桜会にあわせ企画、新潟県初乗り入れ 新潟日報 しなの鉄道の「ろくもん」が高田に 観桜会にあわせ企画、新潟県初乗り入れ. 長野県の観光列車「ろくもん」が7日、初めて本県に乗り入れた。乗客は車内で景色や食事を楽しんだ後、終着の高田駅(上越市)で降り、高田城百万人観桜会の会場などへ向かった。 ろくもんは、しなの鉄道(長野県上田市)の観光列 ... しなの鉄道観光列車「ろくもん」、上越へ 相互乗り入れ企画信濃毎日新聞 しなの鉄道の観光列車「ろくもん」が上越に! トキ鉄「雪月花」との相互乗り入れで上越タウンジャーナル all 5 news articles »
>> 続きを読む

信学会が県外に進出 上越で塾開講 - 信濃毎日新聞 (火, 17 4月 2018)

信濃毎日新聞 信学会が県外に進出 上越で塾開講 信濃毎日新聞 学校法人信学会(長野市)は今月、新潟県上越市に、県外では初の開設となる学習塾「信学会上越高田本校」を開いた。2015年3月の北陸新幹線(長野経由)金沢延伸と上越市内への新駅設置による交通アクセス向上で、講師を派遣しやすくなったことを生かし、新たな市場に攻勢を掛ける。初年度は百人程度の塾 ...
>> 続きを読む

合唱指揮者 田中信昭さん 下 生きる意味訴え掛け - 徳島新聞 (木, 19 4月 2018)

徳島新聞 合唱指揮者 田中信昭さん 下 生きる意味訴え掛け 徳島新聞 長年、日本の合唱界をけん引してきた田中信昭さん(90)の活動の原点は、終戦直後にさかのぼる>. 私は新潟県の高田、今の上越市で生まれ、終戦は大阪で迎えました。旧制大阪高校(現大阪大)の1年生だったかな、1945年は。冷静な目を持った高校の先輩に囲まれていたおかげで、私も戦時中から「戦争 ... and more »
>> 続きを読む

高田公園の桜開花宣言 上越 平年より9日早く - 新潟日報 (土, 31 3月 2018)

新潟日報 高田公園の桜開花宣言 上越 平年より9日早く 新潟日報 新潟県上越市の高田公園で30日、桜の開花が宣言された。3月に入り、最高気温20度以上の日が続き、昨年より7日、平年より9日早い。同公園では4月6日に「高田城百万人観桜会」(市など主催)が開幕するが、1週間前の開花に、市民は「観桜会まで桜はもつかしら」と気をもんでいる。 上越観光コンベンション協会と ... 高田公園の桜開花宣言 過去最も早い開花日に並ぶ ぼんぼり点灯前倒し上越タウンジャーナル all 6 news articles »
>> 続きを読む

伝統知る漁師 補修に貢献 - 読売新聞 (金, 20 4月 2018)

読売新聞 伝統知る漁師 補修に貢献 読売新聞 陸前高田の漁撈用具は約2000点と数が豊富なうえ、市立博物館に資料を管理する学芸員がいる点が登録の決め手になった。 三陸の漁業は江戸時代から本格的に発達した。その漁撈用具には千葉県のイワシ漁、新潟県佐渡島のイカ漁、和歌山県のカツオ漁の影響が見てとれるという。「一つの漁に特化せず、各 ...
>> 続きを読む